2017-03-22

AUKEYのBluetoothイヤホン EP-B27 を買ったんだけどAUKEYの神対応に感動した話

またAukey。

Aukey Bluetooth イヤホン EP-B27

安かったもので、つい・・・


一年くらい前にかったPlantronicsのBTイヤホンもまだまだ健在なのですが、AukeyのBTイヤホンがべらぼうに安かったので、怖いもの見たさで買ってしまいました。

AUKEY bluetooth イヤホン ワイヤレス 無線 イヤホン ノイズキャンセリング搭載 EP-B27

例によって、今回もセールを利用して購入。

Aukey Bluetooth イヤホン EP-B27

BTイヤホンが1200円。逆に安くて心配になりますね(笑)

Unboxing…しかし…


至って普通な梱包。

Aukey Bluetooth イヤホン EP-B27

付属品は、ポーチ、USBケーブル、イヤピース類。

Aukey Bluetooth イヤホン EP-B27

試しにちょっとだけ聞いてみたんですが、ここで問題発生。イヤホンの左側だけどうも音量が小さい。イヤピースの問題なのか、装着方法の問題なのか、そもそも耳がおかしいのか、いろいろ試してみたが、どうやら不良品を引いてしまったよう・・・。

AUKEYの神対応


流石に初期不良ということで交換してくれるかなと思い、Amazon経由でAukeyに問い合わせ。するとスグにAukeyから連絡があり・・・

xxx 様

お問い合わせ、誠にありがとうございます。

AUKEYのお客様サービス担当xxxと申します。

ご指摘いただいた問題により、本製品は不具合になった可能性が高いと思います。商品の交換について、こちらはお手元にあるものを返却不要で、新しい代替品を再送することになります。お手元にあるものについて、大変お手数ですが、廃棄をよろしくお願いいたします。

また、商品は発送いたしました、配送情報は下記の通りになります。ご確認をよろしくお願いいたします。

え・・・商品は返却不要で、もう発送済みだと・・・? Aukeyさん、仕事早すぎだし太っ腹過ぎます。こういうカスタマーサービスは素晴らしいです、惚れてしまいますね。そして、この連絡の2日後に無事に交換品(新品)が届きました。

改めて、試運転


Aukeyの対応は素晴らしいものがありました。イヤホンとしてのパフォーマンスはどうなのか、改めてイヤホンを使ってみました。

Pros

  • 安い
  • 接続は安定している
  • 軽量で再生可能時間が長い(カタログ値で7時間)
  • ノイズキャンセリング機能がついている

Cons

  • 質感は低め
  • ノイズキャンセリング機能はOn/Offできず、常にOn
  • ちゃんとノイズキャンセリングできているの?と疑いたくなるキャンセル具合
  • 曲送りや電源ON/OFF字の操作音がうるさい
  • 高音がこもっているような印象(エージングすれば治る?)

こんな感じで、まぁ値段相応な感じがしました。ただ、カスタマーサービスが非常に好印象だったので、これからもガンガン使っていこうと思います。壊れちゃっても、この値段なら惜しくはないです。

2017-03-20

AUKEYの卓上三脚 CP-T01 がわりと良かった話

Manfrotto Pixiのライバル?

Aukey CP-T01  三脚

Aukey CP-T01


Amazonのセールで安くなってたミニ三脚。ついうっかりポチってしまいましたが、いい感じだったのでレビュー。

AUKEY iPhone スマートフォンホルダー Gopro スポーツカメラ インターバル動画 撮影 アクセサリー iPhone 7、iPhone 7 Plus/Android スマホなどに対応 CP-T01

これ買いました。たまたま新品体験という名目で、半額の650円程度で買えました。

Aukey CP-T01  三脚

普通に買ってもManfrotto Pixiの半額程度。今回のキャンペーンを使うと1/4程度の価格。流石AUKEY。

ちなみに、以前Manfrotto Pixiを買ったときのレビューはこちら。

Unboxing


Aukey CP-T01  三脚

スマホを挟めるホルダーにプラスチック製の三脚。三脚のネジにはカバーが付いています。

Aukey CP-T01  三脚

これがカバー。カバーには紐がついていて、持ち運びには良さそうですが、ぶっちゃけ使わないかな・・・。

Aukey CP-T01  三脚

三脚の足はかなり空洞になっていて、ちょっと心配になります。足の先にはゴムのすべり止めが。

Aukey CP-T01  三脚

雲台はManfrotto Pixi同様の自由雲台。使い勝手は良さそうです。

Aukey CP-T01  三脚

雲台には、水準器付き。こういうところは、コストカットのために真っ先に省略されそうですが、ちゃんと付いていますね。

試運転


まずはスマホから。

Aukey CP-T01  三脚

5インチディスプレイのNexus5を取り付けてみました。スマホホルダーのホールド感は十分で、逆にスマホを取り付ける際にちょっと硬く感じるほど。三脚はこのくらいの荷重ではびくともしません。

Aukey CP-T01  三脚

次にNEX C3 + SEL20F28。このくらいコンパクトなミラーレス一眼であれば、取り敢えず大丈夫そうです。雲台が水平のときはもちろん、雲台が斜めで少し重心がずれても、問題なくホールドしてくれます。

Aukey CP-T01  三脚

最後に、a7m2 + SEL1635Z。さずがにこのあたりの重量になってくると、雲台がちょっと揺れやすくなります。また、三脚の足の付根の剛性感もちょっと不安になってきます。逆に足はしなることなく、支えてくれています。あまり常用は厳しそうですが、無風でレリーズケーブルが使える環境であれば非常用として使えると思います。もうちょっと軽いマクロレンズとかなら、テーブルフォト用に使えそうですね。

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

そう考えると、Manfrotto Pixiは値段相応のクオリティと言えそうで、それなりのボデーと、わりと重ためのレンズを組み合わせて使うのであれば、Manfrotto Pixiがオススメです。軽いミラーレス+軽いレンズであればAukeyで十分そうです。もちろん、スマホでも、アクションカメラでもAukeyの守備範囲です。